There's something delicious about writing the first words of a story.
You can never quite tell where they'll take you.
Mine took me here.

物語の書き出しを決めるときほど、甘美なる瞬間はない。
その書き出しから物語が

私をどんなところへ連れて行ってくれるのか予測がつかないからだ。
私の物語は私をここまで連れてきた。
(映画「Miss Potter」Beatrixの言葉より)

これは私がとても好きな映画の中のセリフです。
昔から人の人生を映画や物語にたとえる名言が数多く残されています。
私たちはいつでも自分が主演の物語を生きているのです。


「今日は自分にこんな体験をさせてあげたいな…」

朝目覚めた時、あなたは想像をします。

今日という物語の書き出しです。
書き出しはたった一つ「漢字一文字」を選んで書き出すだけ。
その文字は、今日のあなたをどんな物語へ連れて行ってくれるのでしょうか。

未来の自分の物語はいつだって未知だけれど
あなたが歩んでいく未来は、

いつでもあなたが自分自身に見せてあげたい景色の積み重ねであってほしい。
 

私たちMOJIKARA研究所は、

自分の人生を自分で舵取りして「自分らしく生きたい人」を

文字のチカラで応援していくことを目的として活動をしています。

MOJIKARA研究所.jpg
本田蒼風.jpg

音声配信【MOJIKARA Radio】

noteへの執筆