CV


本田蒼風 
Soufu Honda

書家・美術家

 1981年北海道旭川市生まれ。2歳から書道家である父・祖母より指導を受け、1999年北海道旭川教育大学教員養成課程(国語科・芸術科書道)に入学、2003年卒業。
​ 書の専門的と技術を知識を取得。2019年に在シンガポール日本大使館(JCC)とシンガポール友好を目的に開催された、世界的写真家RusselWong氏の展覧会「"WA"_TANGE through the eyes of Russel Wong」にて、展覧会コンセプトを代弁する表現として蒼風の代表作「confluence~異より創造されし和」が選出され、会期中、会場にて作品を発表し注目を浴びることとなる。
 蒼風の作品の根底にあるのは「共創と均衡の関係」を問う視点であり、制作者と鑑賞者の境界を溶かす唯一無二の表現を探求しているアーティストである。

Soufu Honda

 

Born in Hokkaido Asahikawa in 1981. Currently lives in Tokyo.

Soufu began calligraphy at the age of two and has won a large number of domestic competitions ever since.Calligraphy has a strong image of personal expression, but calligraphy’s materials “letters and words” are originally intended to connect with others. It’s using these letters and words that I can achieve my true goal of connecting people and spreading our communally made art.

Exhibition
 

個展 (Solo exhibition)

2018 「Characters 解放」/Ebisu America-bashi gallery (Tokyo,JAPAN)

2011 「距離感 sence of distance」/Ebisu gallery Cave(Tokyo,JAPAN)

2010  「距離感 sence of distance vol.1」/ Gallery Hokuto (Hokkaido,JAPAN)


 

グループ展(Group exhibition)

2019 「WA」 / JCC(Singapore)

2018    Art formosa 2018 / Taiwan

 

 

Statemant

 

Soufu strives to create art and activities that are influenced by zen philosophy,不立文字(Furyu-monji),

the act of going beyond the information in your head and bringing your full emotional

and physical experiences to how you perceive the essence of the world around you.

There are many parts of our lives that cannot be expressed with letters(characters) and words.

I would like to make there part of experiences which can be felt with our body and mind as much as possible.

 

 

禅の言葉に「不立文字」という言葉がある。

文字や言葉を頭で理解することより、自らが体感することが最も物事の神髄に迫ることができるという意味である。 

私たちの暮らしの中に確かに存在はするが、文字や言葉では表現しきれず零れ落ちてしまっている部分を顕在化すること、体感を伴う鑑賞方法の可能性を追求している。